骨盤矯正で腰痛を防ごう

生まれつき左右の足の長さが違うのですが、放置しておくと、足の付け根から腰、背中、首、頭と痛みが広がっていくのが現状です。なので、毎日の骨盤調整が欠かせない日課となっています。調整といっても難しい技が必要なわけではなく、いくつかの簡単なエクササイズを毎日お風呂上りにしています。一番効果が感じられるのは、座って足を延ばした状態で右足と左足を交互に前後に動かす動作です。かかとを右左、右左と順番に前に出すイメージで動かします。50回程度行っていますが、これをするのとしないのとでは、体調が全然違います。体のゆがみが整えられるからかもしれません。血の巡りもよくなるようで、ひどい冷え症が少し改善されます。体に痛いところがなくなれば、心も落ち着きます。もう一つは、立ったままおこなう骨盤エクササイズです。肩幅に足を開いて立ち、腰を小さく回します。右10回左10回行います。前後に出す動きを10回。右、左に出す動きを10回ずつです。ストレッチをすることで血行が良くなり、楽になります。無理ない範囲で行うことが大切です。